法人カードで経費を清算

現金出納業務が楽になることも関連しますが、法人カードで経費を清算すると利用したものすべて毎月発行されるカード利用明細書に記載されるのです。そしてクレジットカード明細書は各クレジットカードごと、社員に持たせたカード1枚1枚に対して、それぞれ別の明細書が発行されるのです。そしてこうしておくことで、いつ・誰が・どこで・いくら使ったのかといったことが一目瞭然です。そして、経理担当者は各明細書を元にデータ入力をしていけますから、経理業務が効率的となります。そして、経費を全部法人クレジットカードで決済すると支払いは毎月決まった日に銀行から引き落とされるのです。そしてたとえばですが毎月27日にクレジットカードおすすめ大学生銀行引き落としとなります。現金で経費を精算すれば、それに必要な小口現金を準備しておく必要性がありますが、クレジットカード決済であればそれが不要であり、さらに月末締め翌月27日払いのカードならば最大57日間支払いを猶予されることなります。そして3月1日に新幹線代10000円を法人カードで決済したら支払いは4月27日といったことになるのです。そして、実際お金が引き落とされたのは57日後です。また、クレジットカード決済することによって振込手数料はかかりません。しっかり法人燃料カード活用しましょう。